[ブログ] 僕が1ヶ月毎日ブログを書いて感じた変化と振り返り

 「漫然と毎日を過ごすくらいなら、ちょっと毎日ブログを書こう」と2月末に思い立ち、ブログを毎日書いて1ヶ月が経った。それによってどういった変化が起きたかを書いてみたい。

 正直言って、こういう物書きに興味のない人は「だからなに?」と言った内容だと思うのだけど、まあ気にせず書いてみる。

毎日ブログを書くことで起きる変化


photo credit: barnimages.com Closed moleskine via photopin (license)

 毎日書き始めたのは今年の2月26日。アクションカメラに出資したという記事だった。

[カメラ] GoProのほぼ半額で性能は上?!クラウドファンディングで話題のカメラ「Mokacam Alpha S」に出資してみた
 お財布に優しく、そして本家に引けを取らないアクションカメラを見つけた。子供も大きくなってきたし、ビデオカメラらしいものも持っていなかったので、今回思い切って出資してみた。  出資?そう、購入じゃなくて出資なんです。近年、かなり定着してきた感のあるクラウドファンディング。これに初めて挑んでみました。

 それから、基本毎日ブログを書き始めた。日をまたいだりまたがなかったりしたので、実際の日付は偏ったりしているが、とりあえず思いついたことをバンバン書いてみたのだ。

 すると感じたのは、たった一つのキーワードでも、思うことをある程度の長さで書けるようになったこと。今までは、一つのエントリーを書くのに結構時間をかけて書いていたのに、例えば1,000文字くらいの内容であれば、30分くらいでささっと書けてしまうようになった。

 たぶん、書く作業に慣れると、思考とキーボードを叩く指の動きが一致してくるのかなあと予想する。

気になるアクセス数は?

 毎日書くことで、アクセス数も増えたのでは?と思い、集計を取ってみた。

毎日書いた1ヶ月:3,261ページビュー
たまに書いたその先月:3,043ページビュー

 そう、見てお分かりの通り対して変わらなかった。確かにちょっと増えているけれど、毎日書いたエントリー数が28つに対して、たまに書いた先月はたった4つ。これだけ見ると、コストパフォーマンスめっちゃ悪いって感じが否めない。

 やっぱり、エントリーを量産するよりも、1つの内容にじっくり書く方がアクセス数は稼げるのかもしれない。

ということで、また通常営業に戻ります

 振り返った結果、そんなにアクセス数が変わらなかったので、一旦通常営業に戻してみたいと思う。(つまりたまに更新する感じ)

 またこれで集計を取ってみて振り返ることで、何か違った視点が見えてくるかもしれない。

 ちなみに、毎日書いている期間に突然バズったのが以下のエントリー。

[Tips] VivaldiのGoogle検索でサジェストを表示する方法
 世の中にブラウザは山のようにあるけれど、最近注目されているのが「Vivaldi」と言う、かの有名な「Opera」と言うブラウザを作った人が立ち上げた新顔のブラウザだ。今日はそのカスタマイズTips。

Vivaldiの公式Twitterにリツイートされたことで、一気に広まった感じ。やはり、こういう便利Tipsは強い。
 
 アクセス数を稼ぐためには、やはりためになる記事を書くのが近道なのかな。

 ちょっとまとまりがないけれど、今日はこの辺で。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

SNSでこのエントリーをシェアする

SNSでdaikoriをフォローする