[雑学] ふりかけの のりたま には「こしあん」と「抹茶」が含まれている

 「のりたま」ってふりかけと言うよりはもはや「のりたま」という食べ物。

よく見たらすごい原材料

 我が家ではふりかけの「のりたま」が常備されている。

のりたまでお馴染みの丸美屋食品工業は、ふりかけ、麻婆豆腐の素、麻婆茄子の素、釜飯の素などを製造・販売する会社です。「ふりかけ:ふりかけ袋入り」について。

というのも、子供たちがご飯に対してどうにも食が進まない時、こののりたまをかけてあげると、とたんにパクパク食べ始める…という、非常に助かるアイテムなのだ。

 で、ふとのりたまの原材料を眺めてみると…何というか、「海苔と卵」だけではない複雑な調合がなされているっぽい。

▲お気づきだろうか

ちまたで有名な「こしあん」


photo credit: bikesandwich Adzuki Beans via photopin (license)

 まず一番目に付くのは、「こしあん」が含まれていること。

 これは去年あたりに話題になったもので、製造元の丸美屋曰く、

 「あの“あんこ”のこしあんである」
 「ただし甘くはない
 「なぜこしあんが入っているかは企業秘密

だそうだ。

※参考リンク

ふりかけの代名詞ともいえる丸美屋の「のりたま」。その原材料名の欄に「意外なものが入っている」と話題になっています。

 恐らくたまごをあの粒状にキープしているものなのでは?という意見もあったりするが、真相は闇の中だ。

バターと抹茶も入ってる


photo credit: Patrick Vierthaler Freshly Ground Maccha via photopin (license)

 それともう一つ意外なのが、「バター」と「抹茶」が入っている点。バターはまあ、風味付けに一役買っているのかな?位は思うが、抹茶についてはなにゆえ感が強い。

 以下の記事で、のりたまは発売から8回も味を変化させているとのことなので、そうしたのりたまへのこだわりがこの抹茶に含まれているのかもしれない。

好きな「ふりかけ」を一つ挙げてみて、といわれると、多くの人は「のりたま」と答えるのではないだろうか。あのたまごと海苔の組み合わせは「のりたま」でしか味わえないものだ。しかし、製造する丸美屋食品によれば...

スポンサーリンク
レクタングル(大)

もはや「のりたま」という食べ物


photo credit: wuestenigel Superfoods: Quiona, Goji-Beeren und Chia-Saamen via photopin (license)

 現在ののりたまは、海苔、たまご顆粒、たまごそぼろ、ごま、鰹の削り節、抹茶の6種類の材料が、絶妙なバランスで配合されているという。なので、のりたまはふりかけであるが、もはやふりかけではない「のりたま」という新しい食べ物と言っても過言ではないだろう(自分で言っててわからなくなりながら

 とにもかくにも、のりたま、おいしいです。