[野菜] 栄養価が高いのに食べやすくて美味しい野菜「プチヴェール」とは?

 プチヴェール、と言う野菜がある。少し前に、僕の好きなテレビ番組「青空レストラン」で紹介していた野菜だ。

 このプチヴェールを札幌の大丸で見つけたので購入してみた。一体どんな味がするのだろう。

プチヴェールってなに?

 プチヴェールとは、芽キャベツとケールを交配して出来た野菜の品種で、静岡県にある増田採種場で作られたものだ。

 ビタミンC、カロテン、鉄分、カルシウムなどの栄養が豊富に含まれており、しかも甘みがあって美味しいんだとか。詳しくは上記リンク先を参照。

 この野菜の特集を、日本テレビで土曜日の夜に放送している「青空レストラン」と言う番組でやっていて、出演者がとても美味しそうに食べていたのだ。

 僕も食べてみたい!と思ったのだけど、比較的新しい野菜のためか、栽培している農家が少ないらしい。なので、最寄りのスーパーで気軽に買うことは出来ないみたい。

 が、この前札幌の大丸に行ったら、このプチヴェールが売っていたので、奥さんに言って買ってもらった。岩手県産のもので、量をちゃんと見ていなかったのだけど、多分100gあたりで399円だった(結構高い)。

小さくてかわいい野菜

 プチヴェールを見てみると、ひとつひとつが手のひらにちょこんと乗るくらいの一口サイズなので、見た目からしてちょっとかわいい。

 普通の野菜と同じく、茹でたり炒めたりして調理できると言うことで、奥さんがまずペペロンチーノ風のレシピで一品作ってくれた。それがこちら。

プチヴェールとレンコンのペペロンチーノ風炒め。めっちゃおいしい

 熱を通すと、より深々とした緑色に変化し、食欲をかき立てる見た目に変化した。うーむ、この時点で既に美味しそう。

さて、気になるお味は?

 まずはプチヴェールだけ食べてみる。先述のとおり、一口サイズゆえに食感がとてもよい。噛みしめていくと、青菜特有のえぐみや臭みはなく、甘いと言うよりはあっさりとした味わいだった。

 番組やサイトでは甘味を強調していたので一瞬「あれ?」と思ったが、これはこれで悪くない。強烈な印象を残す食べ物…というよりは、日頃食卓に並んでいて欲しい。そんな「こちらに寄り添ってくれる」かのようなフレンドリーさを感じた。

 奥さんも似たような感想だったのか「私は結構好きよ」とのこと。僕も、この野菜がスーパーに並んでいて欲しいなと思えるくらいに好印象だった。

 当然のことながら、そのほかの具材とあわせて食べても美味しく頂けた。この料理が出たときは夕飯のあとだったのだけど、お腹に全然負担にならなかったのだった。

まとめ

 プチヴェールはインパクトのある野菜ではなく、昔から身近にいたかのような優しい存在だった。レシピもいろいろとあるようで、天ぷらやサラダ、クリーム煮などなど、手軽にアレンジも出来そう。

 さらに、プチヴェールは家庭菜園でも楽しめるようで、栽培の難易度はそれほど高くはないそうだ(マンションのベランダで育てられるレベル)。スーパーでは買えなくても、種を取り寄せて自宅で栽培するのも楽しいかもね。