[知識]多目的トイレにあるシャワー付きのアレ、実はもっと広く設置されるべきものだった件

外出先で子供をトイレに連れて行くとき、多目的トイレを使うことがある。その時、ずっと気になっていた器具の正体がわかったので書いてみたい。

いや、実は知らなかったのは僕だけかもしれない。。

トイレにシャワー?

その器具とはこれである。

皆さんも見た事がないだろうか?

なぜトイレにシャワー?ここで用が足せるような高さでもないし…。

あっ、実は具合が悪くなった人が、ここでげろげろーっと…なんて考えもしたが、この発想は後ほど反省することになった。

オストメイト対応トイレだった

Facebookのニュースフィードに偶然流れてきたこのサイトを見て、全てを知ったのだった。

パブリックトイレのオストメイト配慮のご提案:TOTO

オストメイト。消化器などが損傷したため、人工的に排泄が出来るよう腹部に開口部を設けた方のことで、この器具は、排泄物を処理するためのものだったのだ。

オストメイト対応トイレは、数年前に比べるとだいぶ普及してきたようだけど、トイレの外観から設置されているか分かりにくいなど、課題もあるとのこと。

今までそれらを知らずにいて、ちょっと恥ずかしくなった。げろげろとか言ってたし。

これが少しでも広まればいいなと思う。

札幌に住む30代男性のSEです。妻と娘2人、楽しくやっています。
ネット、パソコン、Appleなどのガジェットから、アニメなどのサブカルチャーなど広く薄く知識を持っています。